注目ワード打ち上げ花火の玉名(ぎょくめい)

イベント夏の夜空を彩る花火。一発ごとにつけられた日本独特の花火の名前

玉名(花火の名前)のつけ方には一定の決まりがあり、花火が空に打ちあがってから消えるまでの現象を表現しています。
玉名から花火の内容や開いたときの情景まで思い描く事ができるようになったらあなたも花火通!

花火(八重芯)


※さらにこの後に光の筋の変化や光の先の変化が追加されることも
昇りながら左右に葉が開き、二重の芯を持った炭火色の尾を引く星が丸い花を描き、星の色が変化する

花火玉
花火玉にはすべて玉名が記入されている。
 花火玉内部
花火玉の内部

さまざまな花火の種類

菊

 蝶々

蝶々

柳

 牡丹

牡丹

土星

土星

協力:(公社)日本煙火協会

市制35周年記念 第38回浦安市花火大会
「咲き誇れ~うらやすの未来へ~」

宗家花火鍵屋によるプロデュース。
光と音のコラボレーションで約6,500発の花火が夜空を彩ります。
▽日時 7月30日(土)PM7:30~8:30
※詳細は公式サイト(www.urayasuhanabi.com/2016)からチェック!

浦安新聞.com 編集部

(株)明光企画
〒272-0143
千葉県市川市相之川3-2-13
TEL:047-396-2211
FAX:047-397-0325

個人情報保護方針

プライバシーマーク

ページの先頭へ