犬の夏バテ対策

ペット管理は飼い主の役目!

犬が大好きで愛犬飼育管理士の資格を取得したという久保田由美子さんに犬の夏バテ対策について聞きました。
久保田さんによると「夏バテしやすいのは子犬・老犬・肥満気味の犬」だそう。
家族の一員となった犬のために注意したいポイントをまとめました。

愛犬飼育管理士 久保田由美子さん・ 愛犬 イヴちゃん

愛犬飼育管理士 久保田由美子さん
愛犬 イヴちゃん

食事

食欲不振でいつものドッグフードを食べない時には、ドッグフードに好きな食べ物をトッピングしたり、缶詰などのウェットフードを少し混ぜたりしてあげて。
食べ残しはすぐに片づけを。
新鮮なお水はいつでも飲めるように用意しておきましょう。

散歩

アスファルトを手で触って熱くないか確認してから出かけましょう。
夏場の散歩はできるだけ日陰を、また土や芝生のあるコースを選んで。
水を飲みたがったらすぐに水分補給してあげられるように準備して熱中症を予防。

室内

犬が快適に過ごせる部屋の温度は25度前後、湿度は50%前後。
犬は暑いとき、舌を出して唾液が蒸発する冷却効果によって体温調節をしています。

トリミング

毛の切り過ぎに注意。
犬は体温調節が苦手なので全身の毛を極端に短くカットすると熱中症になるリスクが高まります。
毛をすくなどして風通しをよくしてあげましょう。

人にも犬にも優しい!
愛犬を蚊やダニから守る
「虫よけアロマスプレー」

【材料】
レモンユーカリ 3滴
ラベンダー 2滴
レモングラス 1滴
精製水 90ml
無水エタノール 10ml

すべての材料をスプレー容器に入れてよく振ればでき上がり。暗い所で保管し10日~2週間くらいで使い切りましょう。

【注意】※猫には使えません



虫よけアロマスプレー

ヤマトくん

最後に…同じ種類の犬でも個体差があり、暑さに強い子もいれば寒さに強いタイプの子もいます。
普段からその子の様子を把握してあげて、いつもと違うと感じたら獣医さんに相談してください。

(写真:ヤマトくん)

浦安新聞.com 編集部

(株)明光企画
〒272-0143
千葉県市川市相之川3-2-13
TEL:047-396-2211
FAX:047-397-0325

個人情報保護方針

プライバシーマーク

ページの先頭へ