サイトに寄せられた口コミをもとに、ママ記者Uが徹底取材!

弁天ふれあいの森公園

公園紹介者:「海楽公園ふれあい会」会長宇田川さん
私の活動している“海楽公園”は、自然を生かし、市民がくつろげる空間づくりを実現した“弁天ふれあいの森公園”を参考にしています。ぜひ弁天ふれあいの森公園に行ってみてください!

DSC00132①

浦安市弁天4丁目

  • 問い合わせ:047-351-1111(みどり公園課)
  • 駐車場 :22台+障害者用2台
     週末は大変混み合い、駐車場待ちで車が並ぶ
  • 駐輪場 :スペース有(敷地内に3箇所)

トイレ :
女子洋式1、和式1
多目的トイレ(障害者)1
ユニバーサルシート横型が設置


買出しするならココ!
・公園正面入口より約800mにサミットストアー、約1kmにヤオコー有り。


「弁天ふれあいの森公園はこんな公園!」
季節ごとに移り変わり、咲く草花。ビオトープのある弁天ふれあいの森公園は、草花を目で楽しむだけでなく、聴覚・嗅覚・触覚、そして味覚まで楽しめる五感を刺激する公園だ。

  聴覚 「野鳥の声と小川のせせらぎにやすらぐ」
もともとあった雑木林を出来る限り活かして作り上げた公園には、鶯やカワセ、ゴンサキ、など野鳥が公園を賑わす。
中でもビオトープ奥の雑木林には、どんぐりの木など高木が生い茂っており、どこからともなく野鳥が集う、野鳥のオアシスでもある。
 

視覚 「のどかな田園風景がおりなす彩りが、視覚を刺激」
ビオトープには、春は青々とした水田、夏は稲の花、そして秋は金色の稲穂というように、季節おりおりの田園風景が楽しめる。
水田には赤ガエルの赤ちゃん「おたまじゃくし」が泳いでいた。「今年は例年よりたくさんの卵を産みましたよ」と嬉しそうに話す後藤会長。田植えが始まると、秋の収穫まで案山子たちが田んぼを見守る。

春の様子!
  桜満開。園内には桜が咲き乱れていた。
「公園には数種類の桜を植えています。先に咲くのがソメイヨシノで、その後に八重桜が咲きます。八重桜にはたくさんの種類があり、開花時期が微妙にちがうので、長い期間桜をたのしめます」と自然環境ふれあい会の方は言う。

もともとあった桜の木をそのまま残すために、公園の園路を変えた。
 
「市の条例では、低い枝は伐採することになっていますが、この一帯だけ切らずに残してもらいました。桜の花に触れ、生態などを観察しています」と公園自然観測クラブの方は話す。 


  触覚 「ビオトープは子どもたちにとって、自然に触れ合う絶好の場所!」
ビオトープの田んぼは秋には稲穂が実り、近隣の幼稚園児が、毎年稲刈りを楽しむ。稲に触れ、子どもたちの食育に活かしているのだとか。
一般の人が、参加できる稲刈りイベントも開催している。(参加募集はホームページで)

  嗅覚と味覚!? 「場所によって違う草花の香り、そしておいしい空気
公園に入ると直ぐ感じるのは自然の香り・・・・。敷地が広いだけに、それぞれの場所で異なる草花が迎えてくれ、香りもさまざま。さらに、季節ごとに違う香りを楽しむ事が出来るのも魅力。 
春の甘い香りの代表は「菜の花」。ボランティアの方たちが日々手入れをしている。


 
この日、芝生クラブのメンバーが乗用芝刈り機で園内中の芝を刈っていた。
刈り立ての芝生の香りを胸いっぱい吸い込む。この芝生は種から育成したものを植え込み、定期的にメンテナンスを行っているという。こうした愛情が、緑あふれる芝生を作っているのだ。
小道の奥には雑木林が広がっており、かわいらしい林道ものんびり散策して、緑葉樹から出るマイナスイオンを取り込んで癒されよう。


ふれあいの森公園を育む会

DSC00143②

会長の後藤さんに、活動について聞いた。
「もともとゴミ処理場だったこの地に、浦安市と市民の協働で、ワークショップなどを積み重ね、設計から関わり作り上げました。いわば市民の思い、夢を詰め込んだ公園です」
今では市内はもちろん、東京都からも多くのボランティアが公園の運営に参加
している。 


現在はマイペースをモットーに、7つのクラブで活動中。

  • 里山クラブ
  • 芝生クラブ
  • 写真クラブ(フレンズ)
  • 花いっぱいクラブ
  • みんなの森クラブ
  • 自然観察クラブ
  • スケッチクラブ

現在も、ボランティアの協力で理想の公園を目指し、活動中。
「公園は、日々変化しています。コンセプトは常に作り続ける公園です!」と後藤さんは話す。

公園利用者にインタビュー!

市内在住の小学生や幼稚園児を持つママに、公園の魅力を聞いてみた。

  • 「子どもの長期休暇(春休みや夏休みなど)には必ず来ます。広い芝生が気に入っています。
    死角がなく、子どもが自由に遊んでいても、常に目に届くので、安心して遊ばせています」
  • 「子どもたちはボール遊びが気に入っているんです。最近の公園は、園内のボール遊びを禁止しているところが多いので、『ここは自由に遊べてうれしい』と喜んでいます」


★ご予約サイト『ベイちば.com』

  • ご予約にはベイちば会員登録(無料)が必要です。
  • インターネットで予約・予約確認・キャンセルができ、便利です。
  • いち早く街のうれしい情報をメールマガジン(不定期)でお届けします。
  • 迷惑メール設定をされている方は@resv.jp をドメイン受信設定してください。

浦安新聞.com 編集部

(株)明光企画
〒272-0143
千葉県市川市相之川3-2-13
TEL:047-396-2211
FAX:047-397-0325

個人情報保護方針

プライバシーマーク

ページの先頭へ