猫と里親の出会いの場を提供

キャットラウンジ 猫の館 ME

  • TEL:047-720-2222
  • 浦安市堀江6-9-1 Rita新浦安2階
s-DSC00456①

meina 利用者に聞いたお店情報

●浦安初の猫カフェ。一般的な猫カフェに加えて、「保護猫カフェ(猫の避難所)」も兼ねており、社会貢献に役立つ施設でもある。たくさんの人に知ってほしい。

“保護猫カフェ”という名前を、初めて耳にする人も多いはず。ラウンジの猫スタッフは、人間の家族を待っていて、年中お見合いが出来る場所だ。「キャットラウンジ猫の館ME」のオーナー小倉さんはキャットシッターとして利用者からの信望も厚い。また、あらゆる面から猫のケアができるよう、動物関連の多様な資格を持つスタッフもそろっている。浦安に保護猫カフェをオープンさせた小倉さんに、話を聞いた。


東野1丁目交差点から徒歩1分。アンティークの扉を開けると、ステンドグラスにテラコッタの床。まるでヨーロッパの邸宅に来たような素敵な空間が広がる。

s-DSC00466②

ここ「キャットラウンジ猫の館ME」では、猫たちが新しい家族を待ちながら暮らしている。その中には、福島の避難区域で保護された猫の姿も。

■一つひとつの出会いを大切に見守る■
さまざまな境遇を経てきた猫たちを、新しい家族と結びつけたい。そんな里親探しの活動は現在、全国で広がっている。その多くがボランティア団体や個人での活動だという。
「猫さんとの橋渡しの場は、インターネットの掲示板や、たくさんの猫さんを集めた“譲渡会”という、お披露目の場が一般的です。引き取られる確率は子猫の時期が最も高いのですが、大きな猫さんもみんなかわいい。できる限り多くの猫さんが里親と出会える機会を作ってあげる必要があります」と、小倉さん。
そんな中で、一つひとつの出会いを大切に見守るのが、「キャットラウンジ猫の館ME」の役割だと考えているのだとか。
「猫さんの容姿だけではなく、性格や行動なども実際に見て、触れて、十分に理解した上でインスピレーションを感じてもらう場にしたいと思っています。実際に、譲渡を希望してここへいらっしゃり、何度も足を運んでいるかたもありますよ」


■譲渡前には面談。指導や相談も■

譲渡する場合は面談を行い、里親希望者のライフスタイルから家族構成など、細かな条件を確認する。入居猫には、それぞれ保護主があり、保護主により譲渡の希望条件が異なるため、マッチングが必要だ。条件が合えば猫を交えて保護主とのお見合いに進む。
また、初めて猫と暮らす人の不安な気持を取り除くため、指導や相談にも力を入れている。動物に詳しいスタッフをそろえているのも、そのためだ。
「動物と暮らすということは、家族が一人増えるということ。決して簡単なことではないけれど、心が癒される大切なパートナーとして受け入れてほしい。一匹でも多くの猫が卒業出来るよう、お手伝いしていきたいと思います」
午後の日差しが降り注ぐ中、カフェでは安心してすこやかに眠る猫たち。素敵な家族に出会って、穏やかで幸せな日々を過ごしてほしい。

s-DSC00452③

浦安新聞.com 編集部

(株)明光企画
〒272-0143
千葉県市川市相之川3-2-13
TEL:047-396-2211
FAX:047-397-0325

個人情報保護方針

プライバシーマーク

ページの先頭へ