リゾート地バリ島の雰囲気を醸し出す、大人のための癒し空間

PJ Bar & Ethnic Dining

  • TEL:047-381-7171
  • 浦安市明海6-1-10 トレードポート2F
PJ Bar & Ethnic Dinning

PJ Bar & Ethnic Dinning 利用者に聞いてみた!お店の評判

●バリ風の店内が異国気分を味わえるのと、グリーンカレーが美味しい。
●エスニック料理、落ち着いたバリ風の雰囲気がとても良い。1000円前後マリナーゼご用達と言った雰囲気。    
● バリ島のような装飾でオープンな店内。お香とアジアンな音楽に癒されながら、本場っぽいシェフ達が作るエスニック料理を、ブュッフェ形式で頂けるランチ(1500円)が最高にテンションが上がるので。時間制限もないので、ママ友同士の女子会には、もってこいの場所だと思います。

ドットコム会員が選ぶ、癒しのレストランとして高い評価を得た『PJ Bar & Ethnic Dining』は、「友人に教えたい」「自慢をしたい」お店として人気が高い。建築家のご主人、奥様がデザイナーというオーナー夫妻が、ダブルタックで作り上げたレストランは、バリ島の神秘的なイメージをモチーフにした癒しの空間。
気になる店名『PJ』とは、インドネシア語で海岸通りを意味する「パンテ・ジャラン」の略。「ここを訪れるお客様には、バリの海岸通りへ来ているかのような気分を味わって頂きたい」というオーナーの思いが込められている。オーナーがプロデュースする、こだわりの癒しの空間の秘密を探る。


■ PJが目指す、おもてなし ■
「ゆったりした気分で過ごして頂くためには、お客様が気兼ねなく長居ができ、嫌いな食材があれば他の食材に代えるなどの配慮も必要と考えています。ここはリラックスをする場。日ごろの疲れをリセットして、また明日から元気に頑張るための、心の充電の場として利用していただきたいのです」と、スタッフは話す。夜は会社帰りの男性の利用も多いとのこと。明かりを落とした静謐な雰囲気が、癒しの場になっているのかもしれない。

■ バリへのこだわり ■
インドネシアのバリ島は、世界有数のリゾート地だ。同時に、「神々の島」と呼ばれるように、現地の人々の信仰心は厚く、おもてなしの心を大切にする人たちが多いという。そのバリ島のホスピタリティを求め、世界各国からバリを訪れる人が耐えない。
「『神がいる島国』に住む日本人にとっては、バリ島の精神に共感できる部分が多いのかもしれませんね』とスタッフ。
そんなバリ島の雰囲気を再現するため、オーナー自身がバリ島に何度も足を運び、床に使う石材から装飾品、食器にいたるまで、全て現地で調達した。店を訪れる客からは、「どこで撮影しても、バリ雰囲気そのもの」との声が。店内には、バリの民族楽器が奏でる癒しの音楽が流れる。料理人もバリ島から呼び寄せる徹底ぶり。何から何まで「バリ」づくしなのだ。
目で、耳で、そして味で、バリ島のホスピタリティを味わいつくしてみよう。

PJ Bar & Ethnic Dinning

カーテンの奥には、バーカウンターが!

PJ Bar & Ethnic Dinning

思わず見入ってしまう、バリモチーフの数々

浦安新聞.com 編集部

(株)明光企画
〒272-0143
千葉県市川市相之川3-2-13
TEL:047-396-2211
FAX:047-397-0325

個人情報保護方針

プライバシーマーク

ページの先頭へ